過払い金返還請求の流れ

多くの人が利用しているサービスとしてクレジットカードやキャッシングなどがあります。

これらの個人向けの少額融資を行っている信販会社や消費者金融業者は貸金業と呼ばれるカテゴリに属していますが、これらの業者は消費者に対して融資を行う際の金利については、その上限を利息制限法という法律によって制限されています。しかしながら、この利息制限法には違反をした業者に対しての罰則というものがなく、これに乗じて一部の貸金業者では利息制限法で定められている金利の上限を超える金利で消費者に対して融資を行い、本来であれば消費者が支払わずとも済むはずの利息を請求するといったケースがしばしばありました。

今探すならこちらの過払い金請求情報を、皆様へ配信するサイトです。

このような消費者が支払わなくてもいいはずの利息のことを過払い金と呼ぶのですが、この支払い過ぎた利息については過払い金返還請求をすることで貸金業者からお金を取り戻すことができます。

過払い金返還請求の流れとしてはまず、貸金業者からこれまでの取引の履歴を取り寄せ、利息制限法に違反した金利での融資が行われていないかの確認をすることになります。


もしも、利息制限法に違反した金利での融資が行われていたということが判明した場合には、利息制限法で認められている金利で利息の計算をする引き直し計算を行います。



その後に、貸金業者に対して過払い金返還請求を行い、支払い過ぎた利息の返還を求めることになります。

はてなブックマーク情報を調べるならこのサイトです。

このような手続きは個人でも行うことが可能ですが、貸金業者に対してこれまでの取引履歴を開示するように求めるのは個人では難しい面もあり、スムーズに過払い金返還請求の手続きを進めたいのであれば、法律事務所や司法書士へ手続きを依頼するのもひとつの方法となります。