過払い金がある時は返還請求ができます

どうしても資金が必要なときに、借り入れを行う手段として消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使う方法があります。
これらのサービスを利用して融資を受けた経験のある人は多いと思いますが、過去に金融業者から借り入れをしたことがあるとき、または現在において融資を受けているときには、金融業者との取引で過払い金が発生していることが考えられます。

明日に役立つエキサイトニュースの最新情報を掲載しています。

過払い金とは本来であれば返済しなくても良い金額に該当するもので、金融業者への返済しすぎた部分の金額のことを言います。金融業者から融資を受けるときには、利息制限法に基づいて金額に応じた金利が設定されることになっていますが、カードローンなどのサービスについて利息制限法で規定されている金利を超える割合の利息分を支払っていることがあります。


この場合には、弁護士などの法律家に依頼することで、取り戻すことが可能となります。

レイクの過払いの情報が必ずあります。

金融業者から5年以上の期間の取引をしている人の場合には、過払い金が生じている割合が高いので請求を行う必要があります。

貸金業法の改正が行われる以前までは、出資法という法律に基づいて上限金利が29.2%で貸し付けを行っていた金融業者が数多くありましたので、利息制限法で定められている上限金利以上の金利の設定を行っている業者から融資を受けている人が多いです。



利息制限法と出資法の中間の金利についてグレーゾーン金利という呼ばれ方もしており、グレーゾーン金利において融資を受けていたときには、過払い金返還請求を行うことで支払いをしすぎた金額を取り戻すことが可能となっています。