音楽専門学校でしか学べないこと

専門的な音楽の技術・知識を学べる施設として、音楽大学・芸術大学と並んで音楽専門学校がありますが、ここでは音楽専門学校でしか学べないことをご紹介します。

まずは、現場で使える技術・知識が学べるということ。音楽専門学校の講師は、どこも現場で活躍しているミュージシャン・スタジオプレイヤーが多いため、現場でこれが求められる、この知識はあまり使わないなど、教えてくれる内容が実践に基づいたものばかり。これらを活かさない点はありません。また、講師や学校によっては、現場研修がカリキュラムに組み込まれているところもあります。

ここで現場の空気を吸収するのはもちろん、顔を知ってもらうという、専門学校はパイプの役割も果たしているのです。次に、一部の学校では、バークリー音楽大学など海外の有名な音楽大学と提携している学校もあります。卒業後、海外留学を考えている方は、そういった面も調べて選ぶことをおすすめします。もちろん、在学中も専門的でより濃度の高い授業が期待できるのは言うまでもありません。

そして、これも学校によりますが、楽器専攻であれば、音響やPA、舞台・照明など舞台スタッフの経験を一通りカリキュラム内で体験できるところもあります。こういった知識・認識があることで、例えばライブ中のトラブルや中音の問題などの対処に強くなったり、レコーディング中の適切な作業や必要な演奏方法がおのずと分かってくるもの。業界を総合的な視点で見る力が養われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *