音楽専門学校生の同人活動

音楽専門学校生の間では同人活動が流行っています。

同人サークルが催す音楽関連のイベントは常に大きな賑わいを見せています。このイベントは自分の好きな音楽やミュージシャン、アーティストの曲をアレンジしたり、自身が作った曲をCD化して無料配布または販売をしています。大きな同人サークルであれば、早い時間帯にCDが完売し、多大な利益を得ることもあります。

こうした同人サークルは前述の通り、音楽専門学校の学生の参加者もいれば、バンド活動を行っている人、時にはプロの人間もやって来ることもあれば、音楽の知識があまりない素人まで、幅広い人々が同人活動を行っています。こうした同人活動は音楽専門学校の学生には有利に事を進められます。何故なら音楽の知識が人よりも優れているからなのです。また楽器を扱えることも楽曲制作には何かしらの良い影響を与えます。この同人活動の音楽制作はパソコンでの音楽作成が主体となりますので、楽器が弾けないからと音楽作成が不可能と言うことはありません。

しかし、パソコンで音楽作成が出来ることに加えて、楽器も弾けると言うのはとても強い武器です。楽器の演奏により、楽器制作に強いインスピレーションも与えます。現に同人イベントでの人気は音楽専門学校の学生またはその卒業生が率いる同人サークルが特に目立ちます。やはり強みとなる音楽の基礎を学校でしっかりと学んでいることが結果に表れているのだと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *