音楽専門学校に通う意味とは

現在では様々な専門学校が各地に存在しており、中でも若者に人気が高いのが音楽専門学校です。

その名の通り音楽を学ぶための専門学校が音楽専門学校であるわけですが、しかし「ここに通えばプロのミュージシャンになれる」と考えるのは禁物です。そもそも音楽専門学校に通う意味として「プロのミュージシャンになる」というのは基本的に勘違いであるということを知っておかねばなりません。では音楽専門学校に通う意味としては何があるのかと言うと、まず挙げられるのは音楽に関連する基礎を学ぶことです。

専攻科目にもよりますが楽器演奏や機材操作の技術などがこの学校で学べることであって、基本的にプロのミュージシャンの養成校ではありません。実際専門学校を卒業してプロのミュージシャンになったという人は全体からみれば本当に限られた数であり、ほとんどがプロのミュージシャンになっているわけではないのです。

それであるにも関わらず専門学校に行っただけでプロになれると考えるのはあまりにも危険です。ですから音楽専門学校に通うのであれば「自分はここで音楽の基礎を学ぶのだ」と考えることが大切です。またより学校に通っている時間を有意義に活用したいのであれば、積極的にコネを作るように立ち回ることも考えるべきでしょう。

こうした専門学校は他の学校よりも魅力的と思わせるため、実際に業界で働いている人や働いていた人を講師として招いています。そうした人に積極的に質問し、教えを乞うようにすれば自然と業界とのつながりは作れます。業界とのつながりが出来れば今後音楽業界で生活していける可能性も上がりますから、せっかく専門学校に通うのであればそうしたことも積極的に行うようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *